どんな目的で利用されるのか

住宅模型

賃貸物件の家主が家賃債務保証のサービスを利用するのは、家賃滞納による収入減を防ぐという目的があるからです。家賃を毎月しっかりと支払ってくれる入居者ばかりであれば問題ないのですが、中には支払いを滞ってしまう人もいます。賃貸契約を結ぶときは、その人がしっかりと家賃を支払う能力があるかどうかを見極めた上で部屋を貸しているのですが、失業や病気などの事情によって支払いができなくなってしまうこともあるでしょう。しかし家主としてはそれでは困るわけで、どんな事情があったとしても家賃が支払われないと収入減に直結してしまいます。そこで便利なのが家賃債務保証と呼ばれるサービスであり、家賃の滞納が発生した場合でも、保証会社から確実に支払いをしてもらうことができるのです。そして家賃の回収というのは、通常であれば家主が自分で行う必要がありますが、家賃債務保証サービスを利用すれば回収もすべて保証会社に任せておくことができます。そのため、面倒な回収業務を回避したいという場合にも便利なサービスだということが言えるでしょう。さらに家賃債務保証は、連帯保証人を代行するサービスでもあるので、保証人を用意できない入居希望者にも部屋を貸すことができるようになります。したがって、より入居者を増やすことが可能になるため、収入に大きく影響する空き室の対策として活用されるケースもあると言えるでしょう。

サービスの仕組み

住宅模型

家賃債務保証のサービスは、保証料などの利用料を支払うことで滞納家賃などの肩代わりを保証会社がしてくれるという仕組みになっています。家賃滞納が発生すると保証会社からすみやかに支払いが行われ、入居者からの回収も保証会社によって行われるのです。保証サービスを利用する際は、入居者に対して審査が行われますし、保証料などの利用料は入居者側が負担することになります。そのため家主側は、入居者審査を保証会社に任せておくことができますし、費用負担をする必要もありません。

サービスの内容

不動産イメージ一軒家

家賃債務保証は、滞納家賃の支払いとその回収がメインのサービスになっていますが、その他にも訴訟費用や原状回復費などの負担も行っています。家賃の不払いが続いた場合は訴訟を起こすことも必要になりますが、その費用を保証会社に負担してもらうことができるのです。そして退去をするときは、部屋をキレイにするための原状回復費を入居者に支払ってもらう必要が出てくる場合がありますが、その支払いが滞ったときも保証会社に負担してもらうことができます。