HOME>アーカイブ>どのような目的を持つかによって、必要な資金は異なります

資産運用を開始する

マンション模型

不動産投資というと、いままでは地主の相続対策などで、広い敷地に賃貸物件を建てるというようなイメージがありました。地主側にしてみれば、更地を相続させるよりも、その土地の上に賃貸物件を建ててそれを相続するほうが相続税が安くなるからです。これに対し、昨今では「賃貸物件を取得して家賃収入で稼ぐ」ということを主眼においた不動産投資が人気で、新築アパート投資などの需要も高いです。中古のワンルーム物件など、 いわゆるサラリーマン向けの投資物件も多く流通するようになっています。こうした情勢にあわせて、収益性にすぐれたさまざまな投資物件が開発されていて、新築アパートもその中の一つです。

まず目標を立てる

相談

不動産投資のはじめの一歩として、収入の目標額を考えることがあります。月に5万円なのか月に20万円なのかによって、費用な資金は異なります。目標設定により資計画が決まるので、まず収入の目標額を考えるのは大切です。投資用不動産や収益用不動産を取得し、家賃収入や売却益を得ようというのが、不動産投資の基本スタイルです。新築アパートは収益物件の一つです。新築アパートはメンテナンスコストが安くて高い利益が見込めます。不動産投資のメリットは、毎月、安定的な収入が得られることと、売却益を狙うことも可能なことです。

その利点を考える

不動産イメージマンション

新築アパート投資は、少ない自己資金で購入することができます。不動産投資はインフレにも強いですし、節税効果もあります。こうした収益物件の探し方はさまざまです。収益物件を探す手段として、現在はインターネットのサイトで物件を検索方法がメインとなっています。グローバル時代は世界各国の投資状況を知るのは大切で、日本に投資が集中する局面では日本の地価が上がりやすくて、新築アパート投資も有利になる傾向があります。